今こそ『健康な身体とはなにか?』考えたい!

私はよくこの質問を患者さんに投げかけます。それは、私たち上部頸椎カイロプラクターの考える『健康な身体』と患者さんの考える『健康な身体』に乖離があるからです。 上部頸椎カイロプラクティックの診療の進め方や、病気や症状に対するアプローチが、医療やその他の治療と大きく違ってくるのは、こ

懐かしい想いで・・・鍵師のライセンス

こちらのウェブサイトの ドクター紹介を見てくださった方はご存知かもしれませんが・・・実は私、カリフォルニア州認定の鍵師のライセンスを持っています!! 「鍵開けって面白そう!やってみたいな~」と思ったのは小学校の高学年のころでした。もともと細かい作業をもくもくとするのが好きだったのと、開かないものが開くときの高揚感がたまらなくて・・・ ただ、カリフォルニアの法律では、錠前を開ける道具は免許を持った人しか保持できないので、鍵師のライセンスを取るために、学校へ通いました!学校といっても、職業訓練校のようなもので、カイロの仕事終わりに通っていました。 私が通った鍵師の学校は、鍵屋さんが経営されているところでした。 カリキュラムの内容はしっかりしていて、入学試験・中間試験・終了試験とがきっちりとありました。中でも終了試験は、筆記・口頭・実技があり。大変ですが満足度の高いプログラム内容でした。 入学試験は高校程度の学力があるかを測るということで、数学の文章問題が出ました。入学試験当時は既にカリフォルニアのカイロプラクターの免許を取り、オフィスをオープンしていたにもかかわらず。英語での問題が理解できるかどうか、かなり心配したのを覚えています。何年たっても英語に対する苦手意識はぬぐえませんね~(笑) 卒業の際、担当の先生からは『鍵師へなることへの熱意と情熱が授業の態度にも表れていた』とのお言葉をいただきました。が・・・鍵師になる熱意や情熱というより、いろんな鍵を開けられるようになる楽しさにはまっていただけなんですけどね。 そして、校長先生(鍵屋の社長さん)からもメッセージをいただいたきました。

懐かしい想い出・・・チェリーピッキング

6月に入ると南カリフォルニアはチェリーが店頭に並び始めます。そう!6月はチェリーのシーズンなんです!! 今回の「懐かしい想い出」は、チェリーピッキングです。 チェリーピッキングの話の前に・・・ アメリカで食べた果物の中で「これは好きかも!」と思った物を個人的にランク付けしたいと思います。 1位:レーニアチェリー 2位:ブラックベリー 3位:オロブロンコ ホワイトパイナップルとアップルバナナも私の中では1位なのですが、残念なことに南カリフォルニアでは滅多に手に入れることができないので、今回はランク外ということになりました! 2位のブラックベリーは、甘みとプチプチ感が気に入っています。オロブロンコは八朔に似ている気がします。ただ、酸味より甘みが強くて食べやすいです。 さて、私が何度か行ったことのあるチェリー農園は、Leona Valley(レオナバレー)にあるVilla del Sol という所です。レオナバレー付近にはチェリー農園が集まっていて、この時期になるとチェリーピッキングに多くの人が訪れています。 今住んでいるオレンジカウンティーからはフリーウェイを使って約1時間50分ほどかかる場所にあります。 写真のような感じにさくらんぼの木が並んでいて、3種類の異なるチェリーを摘むことができます。1ポンド(0.45kg)で6ドル位だったと思います。 COSTCOなどのお店で買うほうが1ポンドの値段が安かったりしますが・・・自分でチェリーを摘む楽しみ分の代金を払っていると考えると、「まあいっか」と思える値段です。 自然の影響を受けるので、チェリーの味も生育状態も毎年異なります。食べるな

カテゴリー
アーカイブ

こころカイロプラクティック

1401 N. Tustin Ave Suite 355

Santa Ana, CA 92705

  • Wix Facebook page
  • kokoro (ss)-edit 90%.png

© 2023 by Maple Park Family Practice. Proudly created with Wix.com