Dr Greg Adams Upper Cervical Chiropractic Seminarを受講して②

①ではセミナーを受講した感想をアップしています。今回は、セミナーの2日前に到着した日本の先生方のご紹介と先生方との交流の様子などをお伝えしたいと思います。 ​日本の先生方はセミナーの2日前、ロサンゼルスに到着しました。そして到着したその足で、当オフィスにお出でくださいました。 上部頸椎カイロプラクティックにはいくつかの異なるテクニックがあります。日本の先生方が使用しているのはHIO(Hole in One)テクニック、そして私が使用しているのはそのHIOテクニックから派生したブレアテクニックとなります。テクニックが異なると、検査方法やレントゲン撮影方法、アジャストメント方法などにも違いが出てきます。 それはさておき・・・ オフィスに到着して早速、事前に希望されていた先生方の首の検査とレントゲン撮影を行いました。 先生方は、ブレアテクニックによるレントゲン撮影や首の検査などを見学、レントゲンの分析方法や検査方法の違い、上部頚椎カイロの診療の中での疑問点など、多くのことをディスカッションしました。 またそんな忙しい合間をぬって、日本の先生と当オフィスの患者さん、その友人との交流会も行われました。 今回のセミナーでは、経験豊富な先生方と時間が許す限り上部頚椎カイロに関してお話ができ、大きな刺激を受けました。一人で仕事をしていると、視野が狭くなりがちですが、先生方との交流は、私自身の視野を広げてくれました。 そして、上部頚椎カイロの素晴らしさと、この仕事の楽しさ、そして上部頚椎カイロの哲学・科学・技術を探求し続けたいという思いを改めて明確にしてくれました!! 先生方、本当にありがとうご

Dr Greg Adams Upper Cervical Chiropractic Seminarを受講して①

5月27日に、 Dr. Greg Adams による上部頸椎カイロプラクティックのセミナーが、当オフィスで開催されました。 ブログへのアップが遅くなってしまいましたが・・・ 日本上部頸椎カイロプラクティック協会から8名の先生が来米!アメリカの先生と合わせて11名のカイロプラクターが参加するセミナーとなりました。カイロプラクティックの哲学、歴史、テクニック、そして画像診断を含むとても充実した内容のセミナーでした。内容をかいつまんで説明すると・・・ 哲学の講義は『Simplicity』に焦点が当てられた内容でした。精神面においても、個人や社会生活においても、『シンプル』という概念がいかに重要か、様々な例を挙げて説明してくれました。 歴史の講義では、D.D.Palmer によってカイロプラクティックが成立したその当時の歴史的背景や、社会的な思相を学びました。物事の本質をより理解するためには、その物事の背景にあるものを学ぶ必要があるということをこの講義では教えてもらいました。 画像診断は、同じ患者さんのMIR、CT、X-ray 画像を比較したものを見せてもらいました。また、キアリ奇形を持つ患者さんの座った状態と横になった状態で撮るCT画像の違いも見ることが出来ました。 テクニックの講義では、自分の使っているブレアテクニックではなく、同じ上部頚椎カイロのテクニックであるHIO (Hole in One)を学びました。さすがに異なるテクニックなので数時間の講義で理解することは無理でしたが、興味深い点もあり非常に参考になりました。 今回このような素晴らしいセミナーを当オフィスで開催できたこと

カテゴリー
アーカイブ

こころカイロプラクティック

1401 N. Tustin Ave Suite 355

Santa Ana, CA 92705

  • Wix Facebook page
  • kokoro (ss)-edit 90%.png

© 2023 by Maple Park Family Practice. Proudly created with Wix.com